アルケは家族ブログ

2009年05月の記事一覧

090512初受注体験記

 4月に入社した新人も、研修が終わり、実践に入りました。
ますます緊張の日々ですが、会社にはだいぶ慣れてきたように見受けられます。
そんな中、早くも初受注をした新人が!
電話営業を始めて、わずか1週間ほどの出来事でした。
教わった事を忠実に、そして、先輩の助け舟やお客様のタイミングもあったとは思いますが、見事です!
他の新人の励みにもなったのではないでしょうか。
その後も、続々と受注出来ているようです。

今回は、一番最初に受注出来た、営業の岩橋さんに体験記を書いてもらいました。
これからも、その調子で頑張って下さいね!

Image002.JPG

【岩橋さん体験談】(写真は、壁に掲示する受注札を持つ岩橋さん)

 4月16日、入社してから半月が経ち、ついに電話営業初日がやってきました。
まさか、入社半月でお客様にお電話をすることになるとは、思っていませんでした。
一番最初の電話は、緊張しすぎて何を話したか覚えていませんが、キッパリ断られたことだけは、覚えています。
「断られること前提!」と先輩に言われていたので、「よし、次行くぞ!」という気持ちでどんどん電話をしていきました。
電話をしていく中で、お客様からの質問に答えられなかったり、本題を話す前に切られてしまったりすることが多々ありました。
そういう時は、その都度先輩に質問して解決していくよう気をつけました。
そして、一週間経った4月23日、ついに初めてアポイントを取ることができました。
前々からアルケのポスティングツールを使用したいと思ってくれていたそうで、さっそく次の日、商品紹介のため、伺うことになりました。
 4月24日、先輩と共に電車にゆられながら、どのようなことを話すか確認しました。
「今日は岩橋さんが取ったアポイントだから、岩橋さんが話そうね。」と笑顔で言われ、緊張しながらも
「やってやるぜ!」という気持ちになりました。
実際お客様と話す時は、先輩が横から助けてくださり、なんとか話をまとめることができました。
お客様も大変温かい方で、私の話を熱心に聞いてくださり、「じゃあ、やりましょうか!」
とうれしい返事を頂くことができました。
その時は、うれしい気持ちももちろんでしたが、それ以上にびっくりしました。
帰りの電車は「いやぁ~、びっくりですね」と言いながらも、心が弾みながら帰りました。
 これからも、先輩からいろいろ学んで、早く一人前になれるように頑張りたいと思います。

このページを閉じる